ビジネスローンの種類とそれぞれの審査

ビジネスローンに関することをお話します。まずビジネスローンには種類があります。銀行系とノンバンク系、政府系、また事業融資型、ローンカード型です。政府系についてはいわゆる公庫のことです。資金調達の際に最もよく利用される所です。その審査に通るための条件として、納めていない税金がないこと、2、3年以上の業歴があることなどが条件です。また、決算書や事業計画、資金計画、収支計画などを求められることもあります。銀行系で決算書や事業計画などを求められることが多いです。審査が辛めということです。ですが、メリットもあり、それは低金利でローンを組むことができるということです。決算書が求められる理由については、収益などを確認するためです。一方、ノンバンク系は求められる書類が少なく審査が甘めになります。ですが、金利が銀行系に比べると高いです。また、ノンバンク系は審査が迅速に行われますし、担保を用意したり、保証人を探して依頼したりしなくてもローンを組むことができます。

時間の余裕がない時、ノンバンク系の存在は助かります。500万円ほどなら、1日で調達することができるという所もあります。それから、返済期間も銀行系よりも長いです。なお、銀行系でもノンバンク系でも、大手よりも中規模、小規模の所の方が審査は甘い傾向にあります。大手の所で審査に落ちたという人の中にも、中規模、小規模の所で通ったという人も多いです。事業融資型とローンカード型については、事業融資型の方がローンカード型よりも審査が甘めです。上記のようなビジネスローンのサービスを提供している金融機関の数はそんなに多くありません。審査の甘い、辛いで選べるほどの選択肢がないということです。ランキングサイトや比較サイト、また口コミサイトなどで、いくつかの金融機関を選び、選んだ所に申し込んでみましょう。どこでも通らないようなら、その理由を見極めて対策しましょう。